業種別の薬剤師給与

業種別の薬剤師給与

薬剤師は調剤薬局や病院など様々な勤務先がありますが、実際にはどの程度のお給料をもらっているのでしょうか?ここでは、業種別の薬剤師給与をご紹介していきたいと思います。

まず、病院の年収・給与です。初任給は月20~25万円程度、初年度の年収が300~350万円程度が相場となっています。民間と比較して、国公立の病院の方が給与平均は高くなっています。

次に調剤薬局の年収・給与をご紹介しましょう。初任給は月22~30万円、初年度の年収は350万円~400万円が相場となっています。さらに、管理薬剤師になれば、一般企業の管理職と同等の立場となるため、給与水準はUPします。また、過疎地など薬剤師の不足している地域においては、給与が高くなる傾向にあります。

続いてドラックストアの年収・給与です。初任給で月25万円~35万円、初年度の年収は350万円~450万円が相場とされています。特に、現在は日本国内の薬剤師が不足していることもあり、ドラックストアの中には人員確保のため、破格の給与を提示しているところも少なくありません。また、他の業種と比較して、パート・アルバイトの時給が高めのところが多い傾向にあります。

最後に、製薬会社の年収・給与です。初任給で月22万円前後、初年度の年収は300万円~300万円前半が相場とされています。製薬会社の場合、給与・賞与は業績によって左右されますが、順当に昇給を続けることができれば、他の業種と比較して生涯賃金が高くなる傾向にあります。

このように、各業種別に年収・給与を比較すると「病院>調剤薬局>ドラックストア」の順に給与が高くなっていることが分かります。

病院や調剤薬局は、公共性が高いため収益が極端に上がること、そしてその収益が従業員・スタッフに還元されることはほとんどないとされています。但し、薬剤師の仕事は専門性や独立性が高いため、それに見合った報酬が支払われていると考えられます。

このように、同じ薬剤師でも業種や勤務先によって与面に明確な差が見られます。就職・転職を検討する際は、この部分を重視して勤務先を選択するのも一つの指針と言えるでしょう。

↑ PAGE TOP