営業職で活躍したい薬剤師の方へのアドバイス

営業職で活躍したい薬剤師の方へのアドバイス

薬剤師の仕事というと、調剤業務が主流というイメージを持つ方が多いかと思います。しかし、薬剤師の仕事の中には「営業職」も存在します。単調な調剤作業やデスクワークが苦手、人とのコミュニケーションが得意という薬剤師の方の場合は、営業職を働き方の選択肢に入れておくのも良いかもしれませんね。

薬剤師の営業職は、大きく分けて2種類存在します。一つ目が、MR(メディカ・レプレゼンタティブ)と呼ばれるもので、製薬会社に勤務し、自社に医薬品に関する情報を医療現場の医師や医療従事者に提供する役割を担っています。

そのため、医薬品情報を相手に適切に伝達するコミュニケーションスキルや、医薬品や医療現場に関する豊富な知識が要求されます。

もう一つが、MS(マーケティング・スペシャリスト)と呼ばれる、医薬品卸販売担当者です。MSは、様々な製薬・機器メーカーの医薬品や医療機器、医療関連商品を取り扱うため、MRよりも広い商品知識が要求されます。また、情報交換や人脈つくり、販売のためのプレゼンなどが必要となるため、高いコミュニケーション能力も必要です。

医療現場で働く人、特に医師は、医薬品や医療機器に疑問点や不満があれば、決してその商品を導入しようとはしません。また、信用のおけないMRやMSと取引をしようと考える医療機関も存在しないでしょう。

それだけに、薬剤師として営業職に携わるうえでは、信用や信頼を勝ち取るために、誠意ある業務をこなすだけでなく、相手の疑問や不満に即対応できる柔軟さや豊富な知識・経験が必須となります。

MRやMSは、営業職という事でノルマがあるケースが多く、非常に気を遣う職種のため大きなストレスもかかりがちです。しかし、努力を続け、結果を残すことができれば、確実に収入という形でかえってくる、やりがいのある仕事でもあります。

今現在の収入に満足していない方や、キャリアアップを目指している方は、薬剤師の営業職を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

↑ PAGE TOP