治験コーディネーターという仕事

治験コーディネーターという仕事

CRC(治験コーディネーター)とは、医療機関に代わって治験業務を請け負うSMO(治験施設支援期間)に属し、治験を実施する医療機関の立場に立って、各種業務を担当する専門家を指します。

治験コーディネーターの主な仕事は、治験実施における、医師やスタッフへの連絡事項の報告、スケジュール調整、被験者への治療内容や投薬に関する説明、書類作成、検体処理、治験に関わる各種申請対応などとなっており、治験担当医師の指示に従い、医学的判断を行う必要のない治験業務もサポートを、一手に引き受けます。

治験コーディネーターの初年度の平均年収は300万円が相場です。この数字だけを見ると、薬剤師の職業としては薄給だと感じる方も多いかもしれませんね。しかし、経験や実績を積み重ね、信頼と信用を勝ち取ることで昇給するため、頑張れば頑張るほど、年収UPが望める仕事でもあります。

役職を付の治験コーディネーターの場合、年収1000万円を超えるケースも少なくありません。 治験コーディネーターの仕事は、治験に関わるあらゆる業務を取り仕切るため、業界の深い部分まで踏み込んだ経験や知識を身に着けられ、自己管理能力やスケジュール管理、プレゼン能力や対人折衝能力をアップできるというメリットがあります。

あらに、治験コーディネーターはコーディネーターとしての仕事だけでなく、企業側から様々なスキルアップの機会が与えられるため、キャリアアップ・スキルアップの機会にも恵まれています。中には、治験コーディネーターとして新薬開発に取り組んでいた経験を評価され、大手製薬会社の研究職へ転職を成功させたというケースも存在します。

治験コーディネーターとして新薬開発に治験の専門家として取り組むのも良いですし、治験コーディネーターという職業を、将来を見越してより良い転職先を得るためのステップとして考えるのも良いでしょう。いずれにしても、治験コーディネーターは非常にやりがいを感じることができ、将来性もある職種であると言えます。

↑ PAGE TOP